整理のコツ:化粧品を整理する方法 | homify
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:3688:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3

整理のコツ:化粧品を整理する方法

Miki Ogawa プロフィール写真/会社のロゴ Miki Ogawa

素材

  • 化粧品収納ボックス
  • 化粧品

説明

化粧品をたくさん持っていようがいまいが、全てをきれいに整理しておくことは、きちんと保管する上で、さらに日々の化粧をする時にも役に立ちます。現代の忙しい暮らしの中では、朝の化粧の際に赤い口紅を探すのに貴重な時間を無駄にはしたないと思います。ですが、今回紹介する化粧品収納ボックスなら、全てを一度に見ることができ、きちんと整理もでき、手にも取りやすくなります。そして何よりも、どこに置くかを選ぶことができるんです!化粧台の上や、洗面所、衣装部屋やクローゼットの中にも置いておくことができます。化粧をするのが好きで、たくさん化粧品を持っているという方は、このボックスを2つ用意してもいいと思います。1つは使用頻度の高いもの、もう1つは使用頻度の低いものといったように整理することも可能です。化粧品を目に見える形で収納しておくことのもう1つのメリットは、全てを一度に見ることができ、何を使うか、あるいは組み合わせるかを選びやすくなるので、化粧品を無駄にすることが少なくことでしょう。


それでは、化粧品の整理のコツを見ていきましょう!

予算
10 分難易度簡単

ステップ 1: ボックスを選ぶ

まず最初に、化粧品を整理するのに使うボックスを選んでいきましょう。手作りの収納ボックスでも購入したものでも構いません。化粧品収納ボックスである必要もなく、深さが十分にあり、仕切りが付いているものならどんな容器でも大丈夫です。私は、透明で物を見つけやすく、洗いやすいので、アクリル製の化粧品収納ボックスを用意しました。柔らかい布で拭いたり、洗面器でスポンジと洗剤できれいに洗うこともできます。

ステップ 2: ブラシの整理

メイクブラシの整理から始めたいと思います。この機会にブラシをきれいに洗ってもいいでしょう。アイシャドウ用、チーク、固形パウダーなどカテゴリ別に分類してもいいと思います。このようにして、化粧をする時の効率を高めていきましょう。

ステップ 3: 口紅の整理

次は、口紅の整理です。これは、トーンや種類(グロス、マットなど)で分類していきましょう。(私のように)あまり種類がないという場合は、形が似ていれば(マスカラ、コンシーラーなど)異なる種類を一緒にしてもいいと思います。

ステップ 4: 残りの整理

最後は、後ろのものを隠さないように、前の仕切りの部分に背の低い化粧品を整理していきましょう。この部分には、ファンデーションや固形パウダー、チークそしてマニキュアといった使用頻度の高いものを収めていきます。すべては、あなたが持っている化粧品の数や使い方によりますので、自分の使いやすいように上手に整理してみてください。

このプロジェクトが好きですか?

コメント