DIY:天然成分を使った手作りデオドラントの作り方 | ステップバイステップのチュートリアル | homify
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:3644:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3

DIY:天然成分を使った手作りデオドラントの作り方 | ステップバイステップのチュートリアル

Misaki Goto プロフィール写真/会社のロゴ Misaki Goto

素材

  • ココナッツオイル40ml
  • 重曹大さじ1
  • コーンスターチ小さじ2
  • ティーツリーエッセンシャルオイル5滴(オプション)
  • ラベンダーエッセンシャルオイル2滴(オプション)

説明

今回は、環境にやさしく、アレルギー持ちの方でも安心な天然成分で作るデオドラントの作り方を紹介していきたいと思います。作り方は簡単で、必要となる材料も家にあるような簡単なものだけです。

主成分となるのはココナッツオイルですが、これは臭いの原因となるバクテリアを抑える優れた殺菌剤となってくれます。重曹は、大量の汗をかいた際に役立ちます。エッセンシャルオイルは心地いい香りをもたらしてくれることはもちろんのこと、他にも効果をもたらしてくれます。ティーツリーエッセンシャルオイルは臭いの原因となるバクテリアの繁殖を防ぎ、ラベンダーオイルは抗菌剤の他に、防腐剤としての役割も果たしてくれます。

気温が寒いと、ココナッツオイルが低音で固形化してしまうため、デオドラントは固まってしまいます。温かくなると、またクリーム状になりますが、デオドラント自体の効果に変化はありません。



予算
15 分難易度簡単

ステップ 1: ココナッツオイルを温める

まず最初に、ガラス容器にココナッツオイル40mlを注ぎまず。オイルが固まっている場合は、温めて液体状にしてください。



ステップ 2: 重曹を加える

そして、重曹大さじ1杯をココナッツオイルに加えて、よくかき混ぜます。



ステップ 3: コーンスターチを加える

次に、コーンスターチ小さじ2杯を加えて、再度かき混ぜます。



ステップ 4: エッセンシャルオイルを加える

このステップはオプションになりますが、エッセンシャルオイルを加えることで、香りの良いデオドラントになるだけでなく、抗菌作用を高めてくれるとともに、アロマセラピーの効果も含ませることができます。おすすめは、ティーツリーエッセンシャルオイル5滴と、ラベンダーエッセンシャルオイル2滴です。この2つのオイルは、効果が似ており、お互いに補完していくため、とてもおすすめの組み合わせです。オイルを加えたら、よく混ぜてください。



ステップ 5: 容器を選ぶ

この手作りデオドラントを保存するには、空になったガラス容器がおすすめです。この作り方であれば、1回に少しだけ使うだけでいいので、数ヶ月は保つと思います。ですので、小さな容器でも構いません。乾燥した場所に保管し直射日光を避ければ、1年間は使っていけます。



このプロジェクトが好きですか?

コメント