整理のコツ:冷蔵庫をきれいに整理する方法 | homify
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:3644:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3

整理のコツ:冷蔵庫をきれいに整理する方法

Shota Kimura プロフィール写真/会社のロゴ Shota Kimura

素材

  • ガラス容器
  • 空のアイスクリーム容器
  • ラベル(オプション)

説明

飲み物や食べ物の容器など、冷蔵庫の中はたくさんのもので溢れ、結局何が冷蔵庫の中にあるか分からなくなることも多々あると思います。冷蔵庫用の収納容器などを使うと、整理や取り出しもしやすくなり、冷蔵庫の中もスッキリすると思います。今回は、ガラス容器や通常は捨ててしまうようなプラスチックの容器を使って、冷蔵庫の中をより有効利用しながら収納していくコツを紹介していきたいと思います。この方法なら、無駄なゴミが減らせることはもちろん、冷蔵庫の中に持っているものも見えやすくなるでしょう。冷蔵庫の中の食材を忘れてしまい腐らせてしまうようなこともなくなりますし、上手に収納してスペースも生まれるので、買い物の仕方も変わるはずです。



予算
30 分難易度簡単

ステップ 1: 基本的な整理の仕方

まず、食材の賞味期限が切れたり、腐ってしまわないように、賞味期限が近かったり、すぎに食べなければならないものは、常にすぐに手に取りやすい場所に置いていくようにしましょう。また、食べ残った料理も、美味しい内に食べられるように、見えやすい容器に入れて見えやすい場所に保管していきましょう。



ステップ 2: 同じものをグループ分けする

冷蔵庫に物を収納する時は当たり前のように収納できる場所に置いていくと思いますが、それが冷蔵庫の中をぐちゃぐちゃにする原因なのです!常に同じものは一緒に(飲み物、ソース、ジャムなど)置いていきましょう。これも冷蔵庫の中のものを取り出しやすくするコツの1つです。



ステップ 3: 空になったガラス容器にラベルを付けて使う

冷蔵庫に保管するような物の多くは、(開封後)元の容器から出したほうが整理しやすいですし長持ちもします。そうした時、ガラス容器に入れて、中に入っているものをラベルに書いて保管すると便利です。ガラス容器を使って冷凍庫に保管する場合は、容器の7割以下だけ入れてください。液体が凍ると膨張するので、ガラス容器いっぱいに入れてしまうと、ガラスが割れてしまう可能性があります。



ステップ 4: 箱やトレイで野菜を整理

空になったアイスクリームの容器(あるいは同様のもの)を使って野菜を整理していきます。容器と食材も冷蔵庫に入れる前によくきれいにしてください。これで、冷蔵庫全体がきれいに整理され、引き出しの底にあるものも忘れなくなり、食材がだめになってしまうこともなくなるでしょう。



このプロジェクトが好きですか?

コメント