簡単チュートリアル:自分だけのフォトアルバムの作り方 | DIYメモリーブック | homify
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:3654:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3

簡単チュートリアル:自分だけのフォトアルバムの作り方 | DIYメモリーブック

Tatsuya Suzuki プロフィール写真/会社のロゴ Tatsuya Suzuki

素材

  • インデックスカードバインダー
  • 好みの生地
  • 用紙
  • 封筒
  • 手芸ボンド
  • 多用途接着剤
  • スティックのり
  • ペイントローラー
  • パンチ
  • 洗濯ばさみ
  • カッター
  • はさみ

説明

私は最初、自分で集めた地下鉄のカードや映画のチケット、パーティーの招待状や押し花、ポストカードや写真といった思い出として残しておきたい物をどうすればいいのか分かりませんでした。箱にまとめて収めてもいいと思いますが、めったにその箱を開けることもないでしょうし、すぐにぐちゃぐちゃになってしまいます。そこで、私は自分だけの思い出ブックを作ることにしました。それはフォトアルバムとしてだけでなく、その瞬間を思い出してくれる違った媒体も入れていくことができます。誰かへのプレゼントとしてもいいですし、赤ちゃんの思い出ブックにもなってくれます。今回は、その基本的な作り方を紹介していきますが、これを元に違う生地や色紙などを使うながら、各自で好きなようにデコレーションしてみて下さい。

予算
2 hours難易度簡単

ステップ 1: インデックスカードバインダーの大きさをマークする

まず、カバーとして選んだ生地の上にインデックスカードバインダーを置いて、その大きさを印付けていきます。私はナッパレザーにしましたが、思い出ブックとしてどんな生地を使っても構いません。

ステップ 2: 端部をマークする

そして、先程下書きしたラインの端に1.5cmを加えます。

ステップ 3: 布を切る

1.5cmの余白を加えたラインに沿って生地を切っていきます。

ステップ 4: バインダーに生地を貼る

ペイントローラーを使って手芸ボンドを生地の面に薄く均一になるように塗っていきます。

ステップ 5: コーナーをトリミングする

仕上がりの見栄えを良くするために、布の四隅をこのようにカットします。

ステップ 6: 端部を貼る

多用途接着剤で生地の端部を折りながら貼っていきます。必要に応じて、接着剤が乾燥するまで、洗濯ばさみで留めておいてもいいでしょう。

ステップ 7: バインダーの内側をカバーする

バインダーの大きさよりお少しだけ小さく布を切り出し、中央の金属部分まで接着剤でくっつけます。

ステップ 8: 開口部を開ける

カッターでバインダーの金属部分と同じサイズの開口を切り開けます。

ステップ 9: はさみでカット

布を折り返し、はさみで先程切った金属部分の上と下の端部をつなげるように切っていきます。

ステップ 10: 残りの生地を貼る

そして、切り開けた部分にバインダーの金属部分を通しながら、残りの生地を接着剤で貼っていき、バインダーの内側全体を生地で覆います。

ステップ 11: 用紙に穴を開ける

パンチで用紙に穴を開けていきます。用紙の同じ位置に穴を開けていくために、定規で測りながら、用紙の中心がパンチの中央にあることを確認していってください。

ステップ 12: 思い出ブックを作り始める

スティックのりを使って、写真や封筒、小さなカードやドライフラワーといった思い出として残したい色々な物を、この写真アルバムに貼っていってみて下さい。

ステップ 13: ベルトを加える

必要に応じて、閉じるためのベルトやリボンも加えてみて下さい。

このプロジェクトが好きですか?

コメント