ラベンダーの香り袋

隆 山本

素材

  • ラベンダー(生花、もしくはドライフラワー)
  • 花が印刷された丈夫な紙(植物図鑑など)
  • ハサミ
  • カッター
  • ミシン(もしくはホチキス)
  • ティーバックフィルター(もしくはメッシュ状の包み)

説明

​部屋の匂いはそこでの暮らしに大きな影響を与えるでしょう。だからこそ部屋に心地良い香りが漂えば、暮らしは素敵なものになるに違いありません。そこで考えたいのは、素敵な香りを匂わせ、見た目もお洒落な香り袋です。こちらでは、そんなラベンダーの香り袋を手軽に作るアイデアを紹介します。

予算
1 hour難易度簡単

ステップ 1: ラベンダーの花

香り袋に必要なのはラベンダーの花です。もし可能であれば、本物のラベンダーの花。それを乾燥させてドライフラワーにすると良いでしょう。もちろんラベンダーの生花を手に入れることができなければ、ドライフラワーを見つけてください。

ステップ 2: ドライフラワーにする

生花を使用する場合は完全に乾燥するまでに約2週間ほど必要となります。完全に乾燥したら、花の部分を茎から取り分けます。集めた花を容器に入れましょう。

ステップ 3: 香り袋を作る

花が印刷された紙を用意しましょう。植物図鑑など硬く丈夫な紙にプリントされたものが望ましいです。次にカップとペンを用意して楕円を紙の上に書きます。それだけでなく紙の上側に小さな円を書きます(一つの香り袋には2枚の紙のパーツが必要です)。

ステップ 4: 切り取る

次にハサミで楕円を切り取ってください。内側にある円はカッターなどをで切り抜きましょう。

ステップ 5: 貼り合わせる

次は2枚の紙のパーツを貼り合わせます。可能であればミシンで縫い合わせましょう。ミシンがなければ、ホチキスやノリで貼り合わせることもできます。

ステップ 6: 香り袋の完成

ティーバックフィルターを用意して、その中に乾燥したラベンダーの花を詰めます。もしティーバックフィルターがなければ、メッシュ状の包みにラベンダーの花を入れましょう。そしてティーバックを紙のパーツの中に納めます。これで完成です。もしラベンダーの匂いが弱くなったら、その中身を入れ替えましょう。

​Pfefferminzgruen

ステップ 7: ラベンダーの香り袋

​使用例

このプロジェクトが好きですか?

コメント