ÁBATON Arquitecturaが手掛けた家

コンテナハウスまとめ

コンテナハウスまとめ

コンテナハウスはとても安く可愛くて魅力的ですよね。いくつものプレハブを集めれば立派な住宅に早変わりさせることもでき、最近特に若い人々の新しい住居の形として人気を博しています。そんな単純構造のコンテナハウスでも沢山の種類があるので、こちらでご紹介させて頂きます!
コンテナハウスはとても安く可愛くて魅力的ですよね。いくつものプレハブを集めれば立派な住宅に早変わりさせることもでき、最近特に若い人々の新しい住居の形として人気を博しています。そんな単純構造のコンテナハウスでも沢山の種類があるので、こちらでご紹介させて頂きます!

コンテナハウスとは?

コンテナハウス、又はプレハブ住宅、ユニットハウスとは、タンカーで大量の物資等を海外から運ぶ際に用いられるような大きなコンテナボックスをまるまる住居にしてしまったような形と大きさをしています。モジュール品(大量生産された型のあるもの)のためとても建設費が安く頑丈なため、若い人達の間でまた見直され始めている超原始型住居の一つです。特にものにこだわらない、環境を重視した製品を好む海外の若者の間で流行っています。

コンテナハウスの購入・実現方法 

日本でコンテナハウスを実現するためには1つの大きな障害があります。それは底辺が10平方メートルを超えてしまう場合、建築物として国から扱われるため、「JIS規格」という素材や強度をクリアしなければいけないテストを受けなくてはいけなくなり、コンテナをそのまま住居として使うことは難しくなります。そのためコンテナのような形の住居は実現できますが、本物のコンテナを中古で買って設置し、その中に住むということは日本国内では原則許されていません。しっかりとテストをパスしたコンテナハウスを販売してくれる業者から買って、夢を実現しましょう!

コンテナハウス販売店からしっかりと国のテストをパスした住居を選んだ後は、土地を購入しましょう。コンテナハウスの良さは住居空間がとてもコンパクトであり、余った土地をガーデニングや芝生などにして自然を感じられる空間を大きく設けられることです。コンテナ住居自体が小さいからといって土地もジャストのサイズで購入せず、ぜひとも大きな野外スペースを設けるように土地サイズを決めていきましょう。土地サイズが決まったら、簡単に基礎を固めましょう。

基礎の種類

基礎の種類は基本3つあります。

1. べた基礎

べた基礎はコンテナハウスの床全面に接するようにコンクリートが平面でしかれる基礎です。とても頑丈で家が多少自信でずれても安全ですが、空気などが床下で循環しないので、あまりお勧めできません。

2. 4点基礎

コンテナハウスの4つ角の下に正方形の基礎を置くタイプです。震災などたいして十分な安全は保障できませんが、換気性がとても高く、日々の暮らしで活躍してくれます。

3. H型基礎

風通しも良く、多少の災害でコンテナがずれても安全な基礎です。住居など多少のリスクも負いたくない建物にはこちらのH型を採用するように心がけましょう。

コンテナハウス法律事情

2016年現在の段階で、住居に電線、水道管が走っている場合には、どんなに小さな建物やコンテナハウスであろうと住居登録が必要となり、税金も払わなくてはいけません。下水道も電気もない場合には、役所判断で住居と認定されない場合もまれにありますが、人が頻繁に出入りする時点でれっきとした住居と認定されてしまうのがほとんですので固定資産税の支払いなしでコンテナハウスに住まうのは日本では諦めましょう。しっかりとその地域役所に建築住居届けを出しましょう。

コンテナハウスのタイプ別デザイン 

コンテナハウスをやっと購入・設置した後は、断熱処理とサビ付きの処理をまず始めにしっかりと行いましょう。特にいくつものコンテナを繋げて快適な居住空間を作る際には、つなぎ目などを入念に処理しましょう。最低限の条件が整った後は、外装内装処理を行いましょう。外装は木材やレンガなどでデコレーションしたり、可愛いグラフィックデザインを施すのが主流です。内装はなるべく簡素に、北欧インテリアなどを活かして広く可愛くデザインしましょう!デザインのアイデアは海外の住まいオンラインプラットホームやピンタレストなどのSNSを駆使して集めてみましょう!きっとあなたのお気に入りの素敵なコンテナハウスデザインが見つかるはずです!

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!