病院 の建築アイデア、デザインアイデア、写真 | Homify 病院の建築、デザインアイデア、写真

病院の建築、デザインアイデア、写真

  1. PICTORUみたかクリニック: 高野俊吾建築設計事務所が手掛けた病院です。
  2. さかたファミリー歯科クリニック –庇にスポットライトを–: atelier mが手掛けた病院です。
  3. クリニックのシンプルモダンデザインの塗り壁 | エクステリア&ガーデンデザイン専門店 エクステリアモミの木: エクステリアモミの木 | エクステリア&ガーデンデザイン専門店が手掛けた病院です。
  4. 保育園 加賀のこども: 西島正樹/プライム一級建築士事務所 が手掛けた病院です。
  5. PICTORUみたかクリニック: 高野俊吾建築設計事務所が手掛けた病院です。
  6. PICTORUみたかクリニック: 高野俊吾建築設計事務所が手掛けた病院です。
  7. PICTORUみたかクリニック: 高野俊吾建築設計事務所が手掛けた病院です。
  8. PICTORUみたかクリニック: 高野俊吾建築設計事務所が手掛けた病院です。
  9. PICTORUみたかクリニック: 高野俊吾建築設計事務所が手掛けた病院です。
  10. KOMADA/SKIN-CL: アトリエ間居が手掛けた病院です。
  11. KOMADA/SKIN-CL: アトリエ間居が手掛けた病院です。
  12. KOMADA/SKIN-CL: アトリエ間居が手掛けた病院です。
  13. KOMADA/SKIN-CL: アトリエ間居が手掛けた病院です。
  14. KOMADA/SKIN-CL: アトリエ間居が手掛けた病院です。
  15. KOMADA/SKIN-CL: アトリエ間居が手掛けた病院です。
  16. KOMADA/SKIN-CL: アトリエ間居が手掛けた病院です。
  17. KOMADA/SKIN-CL: アトリエ間居が手掛けた病院です。
  18. YOSITAKE/ANIMAL-HOSPITAL: アトリエ間居が手掛けた病院です。
  19. YOSITAKE/ANIMAL-HOSPITAL: アトリエ間居が手掛けた病院です。
  20. YOSITAKE/ANIMAL-HOSPITAL: アトリエ間居が手掛けた病院です。
  21. YOSITAKE/ANIMAL-HOSPITAL: アトリエ間居が手掛けた病院です。
  22. YOSITAKE/ANIMAL-HOSPITAL: アトリエ間居が手掛けた病院です。
  23. YOSITAKE/ANIMAL-HOSPITAL: アトリエ間居が手掛けた病院です。
  24. さかたファミリー歯科クリニック –庇にスポットライトを–: atelier mが手掛けた病院です。
  25. さかたファミリー歯科クリニック –庇にスポットライトを–: atelier mが手掛けた病院です。
  26. さかたファミリー歯科クリニック –庇にスポットライトを–: atelier mが手掛けた病院です。
  27. さかたファミリー歯科クリニック –庇にスポットライトを–: atelier mが手掛けた病院です。
  28. さかたファミリー歯科クリニック –庇にスポットライトを–: atelier mが手掛けた病院です。
  29. さかたファミリー歯科クリニック –庇にスポットライトを–: atelier mが手掛けた病院です。
  30. さかたファミリー歯科クリニック –庇にスポットライトを–: atelier mが手掛けた病院です。
  31. さかたファミリー歯科クリニック –庇にスポットライトを–: atelier mが手掛けた病院です。

■診療所と病院の違い

病床数19ベッド以下、または無床のものは診療所(一般通称:医院)、病床数20ベッド以上のものを病院といい、100ベッド以上で、診療科目(内科、外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科等)、診療施設(検査、X線、手術)、研究施設等を持つものを総合病院と呼びます。病院・病床の量的充足の時代から、質的充実の時代へ変容しています。

■より利用しやすい形態と変化しつつある近年

医療資源・財源の効率的運用のため、また高齢患者の増加によって医療施設の機能分化が段階的に図られてきました。治療を主眼とする患者、療養を主眼とする患者のそれぞれに相応しい施設整備を目標に体系化されてきました。医療と福祉の連携はますます重要であり、緩和ケアや在宅等生活の質を高める医療が求められています。

■病院の部門構成

病院の各部門は、機能に従い5つに分類されています。

・病棟部門(40%) 入院患者に対して診療や看護を行う場。同時に、患者にとっては生活の場ともなります。病院の中心的部門です。

・外来部門 通院患者への診療が行われる部門。リハビリテーションや癌の化学療法等の通院治療や日帰り手術等により、外来部門の重要性は増しています。

・診療部門 検査部・放射線部・手術部等、医師の診療行為を支援する部門。病院管理の考え方から中央化が進められてきました。

・供給部門 滅菌材料・看護用品・薬品・食事等院内の各部門に必要な物品を供給する部門。エネルギーや医療廃棄物の扱いも含まれます。

・管理部門 病院全体の管理・運営を行う部門。各部門間の調整や、福利厚生等も司ります。

■物の流れ

病院内で流通する物品には、医療機器や薬品等の医療物品、リネンや看護用品等の看護物品などがあります。これらを中央化して管理するSPD方式は、物品管理の徹底、搬送方法の体系化、院内動線の整理、使用部門の労力軽減等を目的としています。SPD部からの物流量は、病棟へのものが大半ですが、滅菌材料を要する手術部門への動線確保や外部からの搬入を配慮した計画が必要とされます。

■人の流れは

病院の利用は、患者(外来・入院)、来訪者(家族・見舞客)、医療提供者(医療・看護・メディカル)、サービス(メンテナンス、委託業者等)に分類されます。各動線が無用に交錯しないように計画されます。

■変化に対応するために(ハード面)

24時間にわたる激しい使われ方による劣化、新しい診療器具の導入に伴う必要諸室の変化、設備系の劣化・故障等の理由により、病院建築の寿命は短いものです。

診療活動に支障なく増改築工事を行うために部門間の人・物・情報の複雑な流れとその変化に対応しうるマスタープランを当初から計画しておく必要があります。特に変化が激しい診療部門には、設備階(インターステイシャルスペース)の採用等、設備・配管の更新やメンテナンスが容易に行える工夫が望まれます。

また、多翼型とすることで増改築に対する自由度が高まりますが、十分な敷地面積の確保が前提条件となります。

■診療のための空間は

診療室の配置は、患者数の多い内科、歩行困難な患者の多い整形外科等、診療科ごとの患者特性に配慮して計画されます。特に、精神科、産科、泌尿器科等ではプライバシーへの配慮が重要です。効率的に診療を行うための中待ち型では、診察・処置の会話が他の患者に聞こえないように注意します。

■検査部の計画

検査には、大きく分けて人を対象として心電図や脳波等の記録・測定を行う生理検査と、人体から採取した尿・便・血液等を対象とした検体検査とがあります。患者の動線や検体の搬送方法・経路を考慮して、病棟・外来部門や手術室との関連により配置を決定します。

■放射線部の計画

X線等を用いて診断・治療を行う放射線の面積は増加の一途にあり、他部門からの独立性や将来の拡張性に考慮した計画が必要。放射線の防御や機器荷重に耐えるための床・壁等の建築的性能を考慮する。

■手術部門の計画

手術室内部では、人や器材の流れは術式により影響を受けます。厳しい無菌環境が求められるため、他部門への通り抜け動線がない位置に設け、患者や器材の流れに対応させる平面構成が求められます。

使用前の滅菌器材の清潔管理を重視した供給ホール型と、使用後の材料の汚染管理を重視した回収廊下型が運営方式に応じて採用されることが多くなっています。汚れにくく清掃がしやすい仕様と、高度な空調設備計画が必要です。塵が発生する最大の原因は人間の動きであることから、人・物の動線計画と清潔・不潔のゾーニングが重要となります。

■ナースステーションの計画

病棟の平面構成は、看護単位の規模や看護方式に影響され、看護動線の短縮と観察の容易さが大きな決定要因となります。ナースステーション(NS)の機能は、看護作業の準備・物品の管理・訪問者への応対・情報の記録と発信等であり、計画に際しては、物品供給・情報記録の方式等運営方法とともに検討します。NSとは別に、ナースコーナー(NC)等を設けてサブNSとし、看護単位の作業領域を病棟内で分散させることもあります。