自動車ディーラー の建築アイデア、デザインアイデア、写真 | Homify 自動車ディーラーの建築、デザインアイデア、写真

自動車ディーラーの建築、デザインアイデア、写真

  1. TOYOTA SHOWROOM: FANFARE CO., LTDが手掛けた自動車ディーラーです。
  2. TOYOTA SHOWROOM: FANFARE CO., LTDが手掛けた自動車ディーラーです。
  3. TOYOTA SHOWROOM: FANFARE CO., LTDが手掛けた自動車ディーラーです。
  4. TOYOTA SHOWROOM: FANFARE CO., LTDが手掛けた自動車ディーラーです。
  5. TOYOTA SHOWROOM: FANFARE CO., LTDが手掛けた自動車ディーラーです。
  6. TOYOTA SHOWROOM: FANFARE CO., LTDが手掛けた自動車ディーラーです。
  7. TOYOTA SHOWROOM: FANFARE CO., LTDが手掛けた自動車ディーラーです。
  8. TOYOTA SHOWROOM: FANFARE CO., LTDが手掛けた自動車ディーラーです。
  9. ボックス・ファクトリー: 株式会社Fit建築設計事務所が手掛けた自動車ディーラーです。
    Ad
  10. ボックス・ファクトリー: 株式会社Fit建築設計事務所が手掛けた自動車ディーラーです。
    Ad
  11. ボックス・ファクトリー: 株式会社Fit建築設計事務所が手掛けた自動車ディーラーです。
    Ad
  12. ボックス・ファクトリー: 株式会社Fit建築設計事務所が手掛けた自動車ディーラーです。
    Ad
  13. ボックス・ファクトリー: 株式会社Fit建築設計事務所が手掛けた自動車ディーラーです。
    Ad
  14. ボックス・ファクトリー: 株式会社Fit建築設計事務所が手掛けた自動車ディーラーです。
    Ad
  15. ボックス・ファクトリー: 株式会社Fit建築設計事務所が手掛けた自動車ディーラーです。
    Ad
  16. ボックス・ファクトリー: 株式会社Fit建築設計事務所が手掛けた自動車ディーラーです。
    Ad
  17. ボックス・ファクトリー: 株式会社Fit建築設計事務所が手掛けた自動車ディーラーです。
    Ad
  18. ボックス・ファクトリー: 株式会社Fit建築設計事務所が手掛けた自動車ディーラーです。
    Ad
  19. ボックス・ファクトリー: 株式会社Fit建築設計事務所が手掛けた自動車ディーラーです。
    Ad
  20. ボックス・ファクトリー: 株式会社Fit建築設計事務所が手掛けた自動車ディーラーです。
    Ad
  21. Mercedes-Benz Connection TOKYO: WORKTECHT CORPORATIONが手掛けた自動車ディーラーです。
  22. Mercedes-Benz Connection TOKYO: WORKTECHT CORPORATIONが手掛けた自動車ディーラーです。
  23. Mercedes-Benz Connection TOKYO: WORKTECHT CORPORATIONが手掛けた自動車ディーラーです。
  24. Mercedes-Benz Connection TOKYO: WORKTECHT CORPORATIONが手掛けた自動車ディーラーです。
  25. Mercedes-Benz Connection TOKYO: WORKTECHT CORPORATIONが手掛けた自動車ディーラーです。
  26. ホンダネットナラ本社 HondaCars奈良中央 登美ヶ丘店: 株式会社IMOデザインが手掛けた自動車ディーラーです。
  27. ホンダネットナラ本社 HondaCars奈良中央 登美ヶ丘店: 株式会社IMOデザインが手掛けた自動車ディーラーです。
  28. ホンダネットナラ本社 HondaCars奈良中央 登美ヶ丘店: 株式会社IMOデザインが手掛けた自動車ディーラーです。
  29. ホンダネットナラ本社 HondaCars奈良中央 登美ヶ丘店: 株式会社IMOデザインが手掛けた自動車ディーラーです。
  30. ホンダネットナラ本社 HondaCars奈良中央 登美ヶ丘店: 株式会社IMOデザインが手掛けた自動車ディーラーです。
  31. ホンダネットナラ本社 HondaCars奈良中央 登美ヶ丘店: 株式会社IMOデザインが手掛けた自動車ディーラーです。

車と人を繋ぐ唯一の場所

ネットで物を買うことが当たり前となった昨今、実際手に取って物を買うという行為が少なくなりました。しかし車という高額な買い物となると、現物を見て、乗り心地を確かめ、納得しなければ契約には至りません。自動車ディーラーはそのための重要な役割を果たすため、顧客にとっては省くことのできない場所となります。

自動車ディーラーは車とユーザーが出会う空間であり、直接ユーザーと接する唯一の場。車を魅力的に見せること以外に、サービスの充実を図ることも不可欠な要素です。しかし単に「車を紹介して売る」という機能だけを優先させるのは新鮮味に欠けています。

2016年に実施された調査では車所有期間の平均は8.1年という結果も出ており、買い替え年数も年々延長傾向にあります。さらに若者の車離れやカーシェアリングの登場など、今は車が売れない時代と言われています。

しかしその一方で高齢者や女性のドライバーが増加しており、これまでとは違ったアプローチが必要であることが伺えます。車を身近に感じてもらうために間口を広げ、親しまれる空間であること。これこそがディーラーのさらなる存在価値を高め、時代の潮流に乗る最善の方法と言えます。

商品を美しく見せるためのハコ

自動車ディーラーという性質上、あくまで主役は車。展示車が引立つような空間デザインでなければなりません。また遠方からの視認性や記憶への残りやすさも集客に影響します。

2015年にグッドデザイン賞を受賞した「愛知トヨタ自動車本社ショールーム」の事例を挙げると、建物全体をショーケースに見立てることで、これまでにない佇まいを獲得しました。ディーラー店舗としては珍しい木を使い、放射状に伸びる梁が創意あふれる空間を紡ぎだしています。またマツダは店構えを黒基調の高級路線に転換し、ディーラー改革を行なっています。グレード感を前面に出すことでブランド力を強化し、ロイヤリティを生み出しているのです。

道路からの駐車場までの入りやすさや、エントランスの演出も大切です。季節を感じさせるディスプレイやテラスカフェ風にするなど、女性が一人でも入りやすい雰囲気を目指しましょう。ちなみにガラスのファサードは車をアピールすると同時に、顧客の自尊心を満たす意味もあります。窓際に商談スペースを設けるのもそのためです。

落ち着ける空間演出がポイント

店内の居心地が良ければ自ずと滞在時間が長くなり、結果として売り上げの上昇にも繋がります。その場を訪れた人が落ち着ける空間であることが第一なのです。通常はどんな色にも映えやすい白を基調としていますが、すべてを白で統一してしまうと無機質で寒々しい印象に。遠近感や奥行きが曖昧になり、汚れも目立つというデメリット面があります。

優しく温かい雰囲気は心を解きほぐす効果があります。淡い色味や木目調の内装や、アロマを利用するのもお勧めです。商談スペースは座り心地の良いソファもいいですが、一人客だとカウンター席の方がくつろげる場合も。

ファミリー層への対策としては、キッズコーナーの充実、女性スタッフの増員なども効果的です。ピットに休憩スペースを隣接して、作業風景を敢えて見せる構成も一つの方法。整備中も退屈することなく過ごすことができます。

蛍光灯の下では正確なボディカラーを判断しにくいときもあるため、自然光に近い高演色LEDスポットを使うのもいいでしょう。ギラギラとした反射や映り込みが気になる場合は、メインの照明に半透明のカバーを取り付けるとソフトになります。

顧客への歩み寄りが新たな道を切り開く

顧客の来店を促し、自社製品への関心を高めるため、従来の自動車ディーラーとは一味違うショールームが展開されています。とくに最近は、ショッピングモール内に店舗を構えるケースが多く見られます。買い物や映画のついでに立ち寄ることもできるため、路面店とは異なる客層が見込めるのが特徴です。整備や点検の待ち時間を有効に使えるのも人気の理由と言えるでしょう。

また店内にカフェを併設するディーラーも増加しました。高級車ブランドにとっては若い世代への訴求ともなり、カフェ目当てでの来店を見込むことで近寄りがたいイメージの払拭を図っています。店内のコンセプトをうまく連動させればブランドがもつ世界観を効率的に伝えることができ、それは潜在的顧客を獲得する好機でもあります。

2016年に開設した「BMW GROUP Tokyo Bay」は、約27000㎡にも及ぶ体験型複合施設となっています。ショールームだけでなく会議ホールやシュミレーター、ドライビングエリアなどが設けられており、中でもBMW M社公認ドライバーによるトレーニングプログラムは他にはない独創的な試み。最新モデルの試乗車最大100台を取り揃えている点も旗艦ディーラー店舗ならではです。

今、新型モデルや高級車などによる差別化が容易でなくなってきています。何を買うかより、どこで買うか、という発想に転換できるような、自由で新しい視点からのアプローチが、これからの自動車ディーラーにとって求められる課題ではないでしょうか。