バー & クラブの建築、デザインアイデア、写真

  1. GEEK comfortable bar & cafe: iks designが手掛けたバー & クラブです。
  2. GEEK comfortable bar & cafe: iks designが手掛けたバー & クラブです。
  3. soul to soul: Arms DESIGNが手掛けたバー & クラブです。
  4. soul to soul: Arms DESIGNが手掛けたバー & クラブです。
  5. soul to soul: Arms DESIGNが手掛けたバー & クラブです。
  6. soul to soul: Arms DESIGNが手掛けたバー & クラブです。
  7. soul to soul: Arms DESIGNが手掛けたバー & クラブです。
  8. soul to soul: Arms DESIGNが手掛けたバー & クラブです。
  9. soul to soul: Arms DESIGNが手掛けたバー & クラブです。
  10. soul to soul: Arms DESIGNが手掛けたバー & クラブです。
  11. 6帖の畳、火鉢で干物を: INTERIOR BOOKWORM CAFEが手掛けたバー & クラブです。
  12. cafe+gallery 青田風: ディアーキテクト設計事務所が手掛けたバー & クラブです。
  13. Ragazza Indomabile: 株式会社ウエムラデザインが手掛けたバー & クラブです。
  14. Ragazza Indomabile: 株式会社ウエムラデザインが手掛けたバー & クラブです。
  15. Ragazza Indomabile: 株式会社ウエムラデザインが手掛けたバー & クラブです。
  16. Ragazza Indomabile: 株式会社ウエムラデザインが手掛けたバー & クラブです。
  17. 玄関: 株式会社 ギルド・デザイン一級建築士事務所が手掛けたバー & クラブです。
  18. 客間天井: 株式会社 ギルド・デザイン一級建築士事務所が手掛けたバー & クラブです。
  19. 料亭_客間: 株式会社 ギルド・デザイン一級建築士事務所が手掛けたバー & クラブです。
  20. 料亭_客間: 株式会社 ギルド・デザイン一級建築士事務所が手掛けたバー & クラブです。
  21. 料亭_客間: 株式会社 ギルド・デザイン一級建築士事務所が手掛けたバー & クラブです。
  22. 料亭_客間: 株式会社 ギルド・デザイン一級建築士事務所が手掛けたバー & クラブです。
  23. 料亭_客間: 株式会社 ギルド・デザイン一級建築士事務所が手掛けたバー & クラブです。
  24. 料亭_客間付書院: 株式会社 ギルド・デザイン一級建築士事務所が手掛けたバー & クラブです。
  25. MAISON GOLD: COCOON DESIGN INC.が手掛けたバー & クラブです。
  26. MAISON GOLD: COCOON DESIGN INC.が手掛けたバー & クラブです。
  27. MAISON GOLD: COCOON DESIGN INC.が手掛けたバー & クラブです。
  28. MAISON GOLD: COCOON DESIGN INC.が手掛けたバー & クラブです。
  29. MAISON GOLD: COCOON DESIGN INC.が手掛けたバー & クラブです。
  30. MAISON GOLD: COCOON DESIGN INC.が手掛けたバー & クラブです。
  31. MAISON GOLD: COCOON DESIGN INC.が手掛けたバー & クラブです。

非日常感をいかにして創造するか

現実から離れたいとき、開放感を味わいたいとき、誰かと特別な時間を過ごしたいとき。バーやクラブは大人の社交場であり、非日常的ムードを満喫する場所でもあります。そのため、ありきたりな内装では二度目の来店を見込むことはできません。

まずは客層の設定。ターゲット層が若ければ盛り上げる演出を、年配の富裕層であれば上質感が求められます。立地も含めたリサーチを重ねて、その客層に好まれる店づくりを目指すことが大切なのです。

またコンセプトに基づいた一貫性のある空間計画も忘れてはなりません。エントランスや内装、インテリア、設備など、ある程度の明確なイメージを持って臨みましょう。

多様化したバーの世界

一口にバーといっても多種多様。1990年代後半からはとくに細分化が進みましたが、バーには大きく分けて3つの種類があります。

・オーセンティックバー 

主な使われ方は、一人でゆっくりしたいときや、本格的にお酒を楽しみたいとき。また人によってはホテルのバーも同じように使います。重厚な扉、カウンター、酒棚と、内装は至ってシンプルです。しかしそこにはバーテンダーのこだわりが随所に現れ、扱うお酒も店によって違いがあります。

・ショットバー 

軽食を用意しているところが多く、その由来も「軽く一杯(ワンショット)飲むためのバー」からきています。オーセンティックバーと同じくカウンターメインではありますが、店内はより明るくカジュアルな使い方ができます。マジックバーやダーツバー、スポーツバーなど、近年ではエンターテインメントや趣味に特化したバーもあります。

・ダイニングバー 

テーブル席や個室もあり、カップルだけでなくファミリーでも利用しやすいのが特徴。料理を中心にお酒が飲めるというスタイルのため、イメージとしては大衆居酒屋に近いものになります。先述の2つに比べて外に開けた印象が強く、日中はカフェとして営業しているケースもあります。

ちなみに「バル」や「バール」も混同して使われがちですが、いずれも綴りは「BAR」。国によって呼び方が異なり、日本で言うところの「バー」は一般的にアメリカンスタイルのものを指します。

イタリアのバールは、いわゆる喫茶店。日中はエスプレッソやカプチーノを出し、夜は酒場として常連客の集いの場となります。それに対し、スペインのバルは居酒屋の雰囲気に近く、お酒と一緒にタパスと呼ばれる酒肴を供します。サッカーの試合がある日はファンの集いの場所にもなります。 

シンボルたるカウンターの存在感

入店してまず目に入るカウンターは、バーの象徴とも言えます。オーセンティックバーでは木材や色味、手触りなどが重視され、一枚板であつらえたカウンターへの思い入れはとくに強いもの。主にケヤキやウォールナットなど、杢目が美しいものが使用されます。

客席と仕切る役目もありますが、高さも注目すべきところ。ローカウンターは年配層にとって座りやすいですが、料理などを出す際は客席に回り込まなければなりません。ハイカウンターはその点、カウンター越しに接客できて立ち飲みスタイルへの転用も可能です。ただし奥行きが狭いと客席からカウンター内が見えやすくなります。

またカウンター後方のバックバーも念入りに計画しましょう。ウイスキーのボトルやグラスなど独自のセンスが現れやすく、視線が最も集中しやすい場所です。敢えて目線が止まる仕掛けがあるのもいいですね。

ディスコ≒クラブ?

日本のクラブカルチャーに大きな影響を与えたディスコ。音楽をかけて客が踊る場所、という点ではクラブもディスコも同じですが、厳密に言うと様々な相違点があります。

・ディスコ 法律上「ナイトクラブ」扱いとなり、お酒を提供して踊ることのできる娯楽施設と定義されます。その時々の法律によって変わりますが、一般的には0時で閉店。店内は基本的に明るく、着席して会話できる社交スペースを広くとっている場合が多いです。

店が音響、照明、音楽などをトータルで管理し、制服を着用した店員が接客します。ドレスコードがあるのもディスコならでは。メジャーなものを中心に、その場にいる全員が楽しめる曲をセレクトします。

・クラブ 店によっては着席スペースがないところもあり、ダンスフロアーがメインになります。バーの体裁を取ってはいますが、あくまでレンタルスペースとしてイベント主催者に場所を貸しているだけなので、通常は接客しません。その日によって音楽のジャンルが異なるのもクラブの特徴で、最近では結婚式や上映会など用途も多様化しています。

音楽に集中しやすいように店内は暗くなってますが、照度が10ルクス(上映前の映画館とほぼ同じ)を下回ると「低照度飲食店」と判断されます。雰囲気を出そうとするあまり暗くしすぎると規制対象になるため注意しましょう。

効果的にムードを生み出す照明

しかし光が心理状態に与える影響は大きく、雰囲気づくりには最も最適なツール。照明を暗くすることで落ち着いた空間となり、光の当て方によっても印象に差が出ます。とくに間接照明の使い方は重要で、天井を照らせば上方への広がり、壁面を強調すると横への広がりが生まれます。また光源の位置が低いほど、しっとりとしたムードに。濃い色調は色を吸収して反射しにくいので、照射面の色に応じて調整する必要があります。

また色温度もポイントです。色温度が高くなるほど寒色系のフレッシュな印象になり、低いと暖色系の温かい雰囲気になります。赤っぽい光を放つ白熱灯は気持ちが安らぐだけでなく、料理を美味しそうに見せることが可能です。カフェ営業もしているダイニングバーであれば、ランチタイムは色温度を高くして爽やかさを演出し、夜には色温度の低くするなど、時間帯によって効果的に使い分けるといいでしょう。

音響が集客の明暗を分ける

バーでは大抵ジャズやクラシックなど、耳馴染みの良いBGMを薄く流すケースが多いです。しかし会話を妨げないようと音量を下げ過ぎると音楽が聞こえにくくなり、逆に店内の雑音が目立ってしまうことも。座席とスピーカーの位置関係、壁への反響などにより、音の伝わり方は大きく変わります。ジャズバーなど生演奏が入るところは、さらに本格的な設備投資も求められるでしょう。

音がメインとなるクラブにとって音響設備は要となり、集客に大きく影響します。内装を優先してスピーカー位置を妥協すると、音の反射などに不具合が生じます。また大きな音を出すことだけにこだわると、天井や壁が低音に共鳴しやすくなり、さらに音が割れる原因にも。壁や床の素材に注意する必要があります。

大音量であることと音質の良さは比例しません。ゲストもDJも音へのこだわりは強いため、音周りの環境整備は重要なファクターとなります。音響に詳しいサウンドデザイナーなどの業者に入ってもらうのも一つの方法でしょう。

また休憩するためのチルアウトスペースやVIPルーム、控室などの場所や防音対策にも要注意。音を楽しむ場所と、ゆったりと落ち着ける場所のメリハリをつけましょう。